フランス/ボルドー

シャトー ラトゥール 1994 赤ワイン tp S 激安大特価,定番

INFORMATIONNameChateau Latourブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン75%/メルロー20%/カベルネ・フラン4%/プティ・ヴェルド1%生産者名フランソワ・ピノー産地フランス/ボルドー/メドック/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Médoc/Pauillac内容量750mlWA94/Issue 1st Jan 1998WS91/Issue Aug 31, 2000※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ワイン好きにとって 明らかに特別な存在! 市場での評価も圧倒的!! シャトー・ラトゥールは、ワイン好きにとって、 特別な存在 です。 そして、私の知る ワイン狂 の方々は、やはり ラトゥール好き 。 なぜコレほどまでに、ラトゥールがもてはやされるのか?! と問われる方には、下記のロバート・パーカー氏のコメントを読むのが最適でしょう。 ≪非の打ち所がない!≫ ここで生産されるワインは 非の打ちどころのない 古典的なもので、素晴らしいヴィンテージも凡庸な時も、また出来の悪いヴィンテージでも、 一貫して秀逸 な品質を見せる。 また頑固なまでに、時間のかかる熟成でも有名だ。 (講談社 『BORDEAUX 第3版』より引用) つまり、ラトゥールは、ワイン好きが憧れてしまう程、魅力を持った、一流の造り手なのです。 この造り手は、『シャトー・ラトゥール』になりえなかったワインを、 『レ・フォール・ド・ラトゥール』 という セカンド・ワイン として、売り出している。 こちらの評判も、当然の如く上々で、セカンド・ワインと言えども、格付けワイン並みの評価をされています。 『ラトゥール飲みたいけど、予算的に少々苦しい…』 という方には、『レ・フォール・ド・ラトゥール』が、超オススメです。

シャトー ラトゥール 1994 赤ワイン tp S 激安大特価,定番 —— 46,500円

フランス/ボルドー

シャトー ラトゥール 1999 赤ワイン tp J S 超激得,大得価

貴重な熟成ラトゥール! ご存じ、 ボルドー第一級格付け のシャトー・ラトゥール! ワイン好きなら、誰もが飲みたいと願う逸品ですよね。 そんなラトゥールから、 19年の熟成 を経た1999年物が入荷しました〜♪ ワイン通なら誰もが知るように、ラトゥールは、 熟成させてなんぼのワインです! そろそろ本当の飲み頃 を迎えていると思うので、是非、お試しを♪ 数に限り があるので、気になる方は早めに買っておいた方が良いかもー! ■『ワイン・アドヴォケイト誌140号(30th Apr 2002)』より抜粋■ Readers looking for a modern day version of Latour's magnificent 1962 or 1971 should check out the sensational 1999 Latour . It is a big, concentrated offering, exhibiting a dense ruby/purple color, and a classic nose of minerals, black currants, leather, and vanilla. The wine is long, ripe, and medium-bodied, with high levels of sweet tannin . This surprisingly full, concentrated 1999 should be drinkable in 5-6 years; it will last for three decades. Drink Date 2007 - 2032 評価:94点 INFORMATIONNameChateau Latourブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ/カベルネ・フラン生産者名シャトー・ラトゥール産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA94/Issue 30th Apr 2002WS93/Issue Web Only - 2010※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4560450044451 ワイン好きにとって 明らかに特別な存在! 市場での評価も圧倒的!! シャトー・ラトゥールは、ワイン好きにとって、 特別な存在 です。 そして、私の知る ワイン狂 の方々は、やはり ラトゥール好き 。 なぜコレほどまでに、ラトゥールがもてはやされるのか?! と問われる方には、下記のロバート・パーカー氏のコメントを読むのが最適でしょう。 ≪非の打ち所がない!≫ ここで生産されるワインは 非の打ちどころのない 古典的なもので、素晴らしいヴィンテージも凡庸な時も、また出来の悪いヴィンテージでも、 一貫して秀逸 な品質を見せる。 また頑固なまでに、時間のかかる熟成でも有名だ。 (講談社 『BORDEAUX 第3版』より引用) つまり、ラトゥールは、ワイン好きが憧れてしまう程、魅力を持った、一流の造り手なのです。 この造り手は、『シャトー・ラトゥール』になりえなかったワインを、 『レ・フォール・ド・ラトゥール』 という セカンド・ワイン として、売り出している。 こちらの評判も、当然の如く上々で、セカンド・ワインと言えども、格付けワイン並みの評価をされています。 『ラトゥール飲みたいけど、予算的に少々苦しい…』 という方には、『レ・フォール・ド・ラトゥール』が、超オススメです。

シャトー ラトゥール 1999 赤ワイン tp J S 超激得,大得価 —— 53,000円

フランス/ボルドー

シャトー ラトゥール 2001 赤ワイン S 100%新品,新作登場

95点獲得の大作! ロバート・パーカー氏曰く… 刷新されたシャトー・ラトゥールからの作品は、樽に入っていた頃より瓶詰めされてからのほうがなおのこと良好な出来を見せている。 メドックでは、ラトゥールが 『ワイン・オブ・ザ・ヴィンテージ』 となったようだし、たぶん、これを凌駕したのはオーゾンヌやパヴィのような、ほんの一握りの右岸のワインだけである。 輝かしいワイン で超大作の2000年よりはるかに早く飲めるようになるのだろう。 縁までインクのような/ルビー/紫色をしており、誇りにしているほれぼれするほどのブーケはブラックカラント、細かく砕いた小石、ヴァニラ、ほのかなトリュフやオークを思わせる。 ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョンが80%で、残りはおもにメルロと、わずかながらカベルネ・フランとプティ・ヴェルドである。 味わってみると甘さが見られるというのは若いラトゥールにしては異例なことだ。 タンニン、酸、樽の見事なまとまりは 絶句するほど素晴らしく 、口蓋を流れていく舌触りや、純粋さ、存在感も夢のようだ。 瓶詰めされてから3度試飲したが、甘美で、フルボディで、驚くほど目が開いている。 ただし、熟成能力を見誤らないこと。 外交的なワインだが、20〜25年は持ちこたえるはずである。 ◆ロバート・パーカー氏評:95点 ◆飲み頃予想:2007〜2025年 (ボルドー第4版 ロバート・パーカー/美術出版社より抜粋) INFORMATIONNameChateau Latourブドウ品種生産者名シャトー・ラトゥール産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA95/Issue 30th Jun 2004 WS95/Issue Mar 31, 2004※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ワイン好きにとって 明らかに特別な存在! 市場での評価も圧倒的!! シャトー・ラトゥールは、ワイン好きにとって、 特別な存在 です。 そして、私の知る ワイン狂 の方々は、やはり ラトゥール好き 。 なぜコレほどまでに、ラトゥールがもてはやされるのか?! と問われる方には、下記のロバート・パーカー氏のコメントを読むのが最適でしょう。 ≪非の打ち所がない!≫ ここで生産されるワインは 非の打ちどころのない 古典的なもので、素晴らしいヴィンテージも凡庸な時も、また出来の悪いヴィンテージでも、 一貫して秀逸 な品質を見せる。 また頑固なまでに、時間のかかる熟成でも有名だ。 (講談社 『BORDEAUX 第3版』より引用) つまり、ラトゥールは、ワイン好きが憧れてしまう程、魅力を持った、一流の造り手なのです。 この造り手は、『シャトー・ラトゥール』になりえなかったワインを、 『レ・フォール・ド・ラトゥール』 という セカンド・ワイン として、売り出している。 こちらの評判も、当然の如く上々で、セカンド・ワインと言えども、格付けワイン並みの評価をされています。 『ラトゥール飲みたいけど、予算的に少々苦しい…』 という方には、『レ・フォール・ド・ラトゥール』が、超オススメです。

シャトー ラトゥール 2001 赤ワイン S 100%新品,新作登場 —— 49,700円

フランス/ボルドー

シャトー ラトゥール 2007 赤ワイン J S 格安,人気セール

長期熟成させるなら、コレ! ボルドー5大シャトーの中でも、 もっとも長命 な事で知られるシャトー・ラトゥール! 正直言って… 超当たり年といわれるラトゥールを飲んでも、いつ飲み頃になるかなんて、わかったもんじゃありません(;^^) そんな事を勘案すると、この2007年物は、今買って、数年後に飲むなら、 最高かも〜♪ 価格も、ここ数年の高騰振りを考えると、 かなり手頃な価格 に抑えられた言っても、過言ではありません! 恐らく、かなり早い段階で売り切れてしまうと思うので、気になっているお客様は、どうぞ、 お早めにお買い求め下さい! ■『ワイン・アドヴォケイト188号』より抜粋■ The 2007 Latour (the first wine made in the newly renovated cellars) exhibits a dense ruby/purple color as well as a sweet, expansive bouquet of black fruits and spring flowers interwoven with a striking minerality . The wine's dense , medium to full-bodied flavors are surprisingly evolved, with soft tannins, an ample, generous mouthfeel, and an endearing texture . Undoubtedly one of the longest lived wines of the vintage , the 2007 Latour should last for two decades or more. ◆ロバート・パーカー氏評:92+点 ◆飲み頃予想:2010〜2030年 INFORMATIONNameChateau Latour ブドウ品種カベル・ネソーヴィニョン75%/メルロー20%/カベルネ・フラン4%/プティ・ヴェルド1%生産者名シャトー・ラトゥール産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA92/Issue シャトー・ラトゥールWS90/Issue Mar 31, 2010※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4993199033255 4997678535285 4562233522262 4582203055224 ワイン好きにとって 明らかに特別な存在! 市場での評価も圧倒的!! シャトー・ラトゥールは、ワイン好きにとって、 特別な存在 です。 そして、私の知る ワイン狂 の方々は、やはり ラトゥール好き 。 なぜコレほどまでに、ラトゥールがもてはやされるのか?! と問われる方には、下記のロバート・パーカー氏のコメントを読むのが最適でしょう。 ≪非の打ち所がない!≫ ここで生産されるワインは 非の打ちどころのない 古典的なもので、素晴らしいヴィンテージも凡庸な時も、また出来の悪いヴィンテージでも、 一貫して秀逸 な品質を見せる。 また頑固なまでに、時間のかかる熟成でも有名だ。 (講談社 『BORDEAUX 第3版』より引用) つまり、ラトゥールは、ワイン好きが憧れてしまう程、魅力を持った、一流の造り手なのです。 この造り手は、『シャトー・ラトゥール』になりえなかったワインを、 『レ・フォール・ド・ラトゥール』 という セカンド・ワイン として、売り出している。 こちらの評判も、当然の如く上々で、セカンド・ワインと言えども、格付けワイン並みの評価をされています。 『ラトゥール飲みたいけど、予算的に少々苦しい…』 という方には、『レ・フォール・ド・ラトゥール』が、超オススメです。

シャトー ラトゥール 2007 赤ワイン J S 格安,人気セール —— 43,100円

フランス/ボルドー

シャトー ラフィット ロートシルト 1967 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 低価,大人気

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 昭和42年生まれ! ボルドー第1級格付けの筆頭である 《シャトー・ラフィット・ロートシルト》 から、 昭和42年の1967年物 が入荷しました〜♪ 自分の生まれ年ワインとして買いも良し、プレゼントするも良し… ここ数年、 中国はじめ、韓国、インドなどのお客様からのご注文が急増中 なので、在庫のあるうちに買っておかないと、いつの日か、買えなくなると思います。 INFORMATIONNameChateau Lafite Rothschildブドウ品種生産者名シャトー・ラフィット・ロートシルト産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 0400001033371 本物中の本物! ワイン好きなら、間違いなく憧れる造り手が、このシャトー・ラフィット・ロートシルト。 なんと言っても、ボルドー第一級格付け(5つしかありません。)の1つです。 あの 辛口ワイン評論家ロバート・パーカー氏 に 『ボルドーで最も有名なブドウ園であり、ワインであるラフィット=ロートシルトの名は、優雅な雰囲気を漂わす小振りでシンプルなラベルとともに、富、格式、歴史、敬意、そして際立って長い熟成期間を思い起こさせる。』 と言われるほどの逸品! そして、ここで造られるワン・ランク下の セカンド物『カリュアド・ド・ラフィット』 も、その品質の高さで有名です。 予算的にラフィットに手の届かない時や、本物のボルドーの味を知りたい時などには、是非このセカンド物をお試し下さい。 その品質には、かなり定評があります。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド3%、カベルネ・フラン2%

シャトー ラフィット ロートシルト 1967 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 低価,大人気 —— 64,900円

フランス/ボルドー

シャトー ラフィット ロートシルト 1984 赤ワイン S 得価,人気

INFORMATIONNameChateau Lafite Rothschildブドウ品種生産者名シャトー・ラフィット・ロートシルト産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 0400001034644 本物中の本物! ワイン好きなら、間違いなく憧れる造り手が、このシャトー・ラフィット・ロートシルト。 なんと言っても、ボルドー第一級格付け(5つしかありません。)の1つです。 あの 辛口ワイン評論家ロバート・パーカー氏 に 『ボルドーで最も有名なブドウ園であり、ワインであるラフィット=ロートシルトの名は、優雅な雰囲気を漂わす小振りでシンプルなラベルとともに、富、格式、歴史、敬意、そして際立って長い熟成期間を思い起こさせる。』 と言われるほどの逸品! そして、ここで造られるワン・ランク下の セカンド物『カリュアド・ド・ラフィット』 も、その品質の高さで有名です。 予算的にラフィットに手の届かない時や、本物のボルドーの味を知りたい時などには、是非このセカンド物をお試し下さい。 その品質には、かなり定評があります。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド3%、カベルネ・フラン2%

シャトー ラフィット ロートシルト 1984 赤ワイン S 得価,人気 —— 94,600円

フランス/ボルドー

シャトー ラフィット ロートシルト 1994 赤ワイン S tp 100%新品,格安

INFORMATIONNameChateau Lafite Rothchildブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン99%/プティ・ヴェルド1%生産者名シャトー・ラフィット・ロートシルト産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA90/Issue 28th Feb 1997WS93/Issue Jan 31, 1997※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 本物中の本物! ワイン好きなら、間違いなく憧れる造り手が、このシャトー・ラフィット・ロートシルト。 なんと言っても、ボルドー第一級格付け(5つしかありません。)の1つです。 あの 辛口ワイン評論家ロバート・パーカー氏 に 『ボルドーで最も有名なブドウ園であり、ワインであるラフィット=ロートシルトの名は、優雅な雰囲気を漂わす小振りでシンプルなラベルとともに、富、格式、歴史、敬意、そして際立って長い熟成期間を思い起こさせる。』 と言われるほどの逸品! そして、ここで造られるワン・ランク下の セカンド物『カリュアド・ド・ラフィット』 も、その品質の高さで有名です。 予算的にラフィットに手の届かない時や、本物のボルドーの味を知りたい時などには、是非このセカンド物をお試し下さい。 その品質には、かなり定評があります。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド3%、カベルネ・フラン2%

シャトー ラフィット ロートシルト 1994 赤ワイン S tp 100%新品,格安 —— 48,500円

フランス/ボルドー

シャトー ラフィット ロートシルト 2005 赤ワイン J S 高品質,大人気

98点獲得! 遂に、入荷しました! 『世紀のヴィンテージ』といわれる2005年物のボルドー・ワインの中でも、 注目度は、ナンバー1 なのが、このラフィット・ロートシルトではないでしょうか? なんと言っても、米国のワイン専門誌 『ワイン・スペクテイター誌』 で… 『98点獲得!』 と、もう少しで満点という評価をされた逸品中の逸品です! でも、世界中で ワイン・コレクター が探し回っている逸品ですので、タカムラへの入荷数は、例年に比べてかなり少ない(;^^) 恐らく、この入荷を心待ちにしていたお客様は、たくさんいらっしゃると思うので、気になる方は、是非、お早めにお買い求め下さ〜い! 【ワイン・スペクテイター誌の評価】 Delivers blackberry、 dried porcini、 tobacco and licorice aromas. Full-bodied、 with layers of velvety tannins and loads of dark chocolate、 cigar box、 currant、 berry and mineral. The finish is long、 with a coffee、 almost meaty、 aftertaste. Very beautiful and balanced. Best after 2013. Country: France Region: Bordeaux ◆ワイン・スペクテイター誌評:98点 (ワイン・スペクテイター誌2008年3月31日号) 【ロバート・パーカー氏の評価】 Made in an ethereal style、 the 2005 Lafite is composed of nearly 89% Cabernet Sauvignon、 just under 11% Merlot、 and a tiny fraction of Petit Verdot (representing only 40% of the total harvest). It is a deep、 structured、 linear style of Lafite Rothschild that is in total contrast to the opulence and extravagant richness of the 2003 and the bold、 dramatic power of the 2000. The dense ruby/plum/purple-tinged 2005 offers up scents of graphite、 flowers、 crushed rocks、 and loads of berry fruit. Medium-bodied and sweet with high tannin、 it represents the quintessentially elegant style of Bordeaux. Another brilliant effort made under the auspices of administrator Charles Chevalier、 it should be at its finest between 2015-2050+. ◆ロバート・パーカー氏評:94〜98点 (ワイン・アドヴォケイト誌170号より) 【ロバート・パーカー氏の評価】 The 2005 Lafite is a lighter-styled effort than I expected、 but of course、 this estate is renowned for its delicacy and finesse. After the world-beating、 off-the-charts 2003、 which is a modern-day clone of the 1959、 the 2005 seems pretty and restrained、 but very noble as one would expect. Remarkably、 the alcohol is actually higher in 2005 than in 2003、 topping out at 13+%. The final blend was 88.8% Cabernet Sauvignon、 10.7% Merlot、 and the rest Petit Verdot. Production represented only 40% of the harvest. The wine’s dark plum/ruby/purple color is followed by Lafite’s tell-tale aromas of lead pencil shavings intermixed with flowers、 minerals、 sweet berries、 and black currants. Medium-bodied、 quintessentially elegant and finesse-styled with high but ripe tannin、 it is an impeccably pure、 exceptionally well-made effort. Despite its obvious charm、 my instincts suggest it will shut down after bottling. Anticipated maturity: 2015-2050+. ◆ロバート・パーカー氏評:93〜96点 (ワイン・アドヴォケイト誌164号より) INFORMATIONNameChateau Lafite Rothschildブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー/プティ・ヴェルド生産者名シャトー・ラフィット・ロートシルト産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA96/Issue 29th Jul 2016WS98/Issue Mar 31, 2008※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating [4973480695850] 本物中の本物! ワイン好きなら、間違いなく憧れる造り手が、このシャトー・ラフィット・ロートシルト。 なんと言っても、ボルドー第一級格付け(5つしかありません。)の1つです。 あの 辛口ワイン評論家ロバート・パーカー氏 に 『ボルドーで最も有名なブドウ園であり、ワインであるラフィット=ロートシルトの名は、優雅な雰囲気を漂わす小振りでシンプルなラベルとともに、富、格式、歴史、敬意、そして際立って長い熟成期間を思い起こさせる。』 と言われるほどの逸品! そして、ここで造られるワン・ランク下の セカンド物『カリュアド・ド・ラフィット』 も、その品質の高さで有名です。 予算的にラフィットに手の届かない時や、本物のボルドーの味を知りたい時などには、是非このセカンド物をお試し下さい。 その品質には、かなり定評があります。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド3%、カベルネ・フラン2%

シャトー ラフィット ロートシルト 2005 赤ワイン J S 高品質,大人気 —— 69,200円

フランス/ボルドー

シャトー ラフィット ロートシルト 2013 赤ワイン tp 全国無料,大人気

まったりと濃密な香りを第一印象に、 ダークチェリー や ブラックチョコレート 、湿っぽさがあったり、スモーキーなニュアンスもあったり複雑で緻密な香りにうっとり♪ しっかりと存在感のある酸味がしなやかに、長く、余韻にまで続きます。液体自体にトロミを感じ、そのトロミが舌の上で溶けて、サラサラとキラキラと滑らかに流れていく感覚に 至福のひととき が味わえます。 もちろん、今飲んでも十分にその美味しさを楽しめますが、熟成させる楽しみも、想像するだけで、ウキウキした心にさせてくれます。 一流シャトーの底力 、是非、ご堪能ください。 (2018年3月16日試飲) INFORMATIONNameChateau Lafite Rothschildブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ生産者名シャトー・ラフィット・ロートシルト産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 本物中の本物! ワイン好きなら、間違いなく憧れる造り手が、このシャトー・ラフィット・ロートシルト。 なんと言っても、ボルドー第一級格付け(5つしかありません。)の1つです。 あの 辛口ワイン評論家ロバート・パーカー氏 に 『ボルドーで最も有名なブドウ園であり、ワインであるラフィット=ロートシルトの名は、優雅な雰囲気を漂わす小振りでシンプルなラベルとともに、富、格式、歴史、敬意、そして際立って長い熟成期間を思い起こさせる。』 と言われるほどの逸品! そして、ここで造られるワン・ランク下の セカンド物『カリュアド・ド・ラフィット』 も、その品質の高さで有名です。 予算的にラフィットに手の届かない時や、本物のボルドーの味を知りたい時などには、是非このセカンド物をお試し下さい。 その品質には、かなり定評があります。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド3%、カベルネ・フラン2%

シャトー ラフィット ロートシルト 2013 赤ワイン tp 全国無料,大人気 —— 35,000円

フランス/ボルドー

シャトー ラフィット ロートシルト 2014 赤ワイン tp J S 安い,定番人気

INFORMATIONNameChateau Lafite Rothschildブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ/プティ・ヴェルド生産者名シャトー・ラフィット・ロートシルト産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA95/Issue 1st Apr 2017WS95/Issue Mar 31, 2017※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 3296331014107 本物中の本物! ワイン好きなら、間違いなく憧れる造り手が、このシャトー・ラフィット・ロートシルト。 なんと言っても、ボルドー第一級格付け(5つしかありません。)の1つです。 あの 辛口ワイン評論家ロバート・パーカー氏 に 『ボルドーで最も有名なブドウ園であり、ワインであるラフィット=ロートシルトの名は、優雅な雰囲気を漂わす小振りでシンプルなラベルとともに、富、格式、歴史、敬意、そして際立って長い熟成期間を思い起こさせる。』 と言われるほどの逸品! そして、ここで造られるワン・ランク下の セカンド物『カリュアド・ド・ラフィット』 も、その品質の高さで有名です。 予算的にラフィットに手の届かない時や、本物のボルドーの味を知りたい時などには、是非このセカンド物をお試し下さい。 その品質には、かなり定評があります。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド3%、カベルネ・フラン2%

シャトー ラフィット ロートシルト 2014 赤ワイン tp J S 安い,定番人気 —— 35,000円

フランス/ボルドー

シャトー ラフィット ロートシルト 2015 赤ワイン J tp S 低価,定番人気

100点! ボルドー第一級格付け の5大シャトーの中でも、 『ラフィットのエレガンス』 と言われる個性を持つ、シャトー・ラフィット・ロートシルト。 世界各国でワインを手掛け、その 安定した質の高さ は知られるところですが、何と言っても、その源となるのが、このラフィットの質の高さ! ワイン・アドヴォケイト誌でも 《96+点!》 という高評価に加え、 『bravo!』 というコメントまでされてます。 まさに、 セラーのお宝に、相応しいこの1本 。 是非、今のうちに手にいれて下さい! セカンドも同時入荷しています♪ ■『eRobert Parker.com』より抜粋■ The deep garnet-purple shaded 2015 Lafite Rothschild is blended of 91% Cabernet Sauvignon and 9% Merlot and was matured for 20 months in new oak barrels from Tonnellerie des Domaines (their own cooperage). It is still sporting a lot of cedar at this nascent stage with a vibrant core of black raspberries, red currants and crushed plums plus touches of cigar boxes, violets and underbrush with a waft of tilled loam. Medium-bodied and elegantly styled with wonderful freshness and depth, it is compellingly earthy/minerally in the mouth with a frame of seductively silky yet very firm tannins and culminating in a very long, racy and pure finish. Boasting spectacular finesse and packed with nuances, clearly, given some of the challenges here in 2015, this is a masterpiece of diligence in the vineyards, careful selection and very clever crafting -bravo! Issue Date 22nd Feb 2018 Source Interim Issue Mid-February 2018, The Wine Advocate Drink Date 2024 - 2045 評価:96+点 ■『Wine Enthusiast誌(DATE PUBLISHED 4/1/2018)』より抜粋■ This is a great vintage from Lafite . The profile is rich in feel, with a seriously firm tannic structure . Solid, complex and with great authority, this Cabernet Sauvignon-dominant wine, is impressively dense in dark-fruit tones. It will age for many years. Drink from 2027, although that would almost be too soon. 評価:100点 完熟しつつ瑞々しさを保ったブラックチェリー、カシスのような黒い果実に、小粒の赤果実を潰したような果実味。黒鉛や若干の鉄っぽさ、 ビターチョコ 、 エキゾチックなスパイス 、 ローストやスモーク の香ばしさ。 めくるめく香り と、 今飲んで心地良いフレッシュさ と幾層にもなった味わい。しっかりと、かつ、しなやかで、これからの発展を想像せずにはいられない余韻の長さから、 第1級たる伝統や品格・エレガンス を感じずにはいられませんでした。 (2019年2月8日試飲) INFORMATIONNameChateau Lafite Rothschildブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー生産者名シャトー・ラフィット・ロートシルト産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA96+/Issue 22nd Feb 2018WS95/Issue Mar 31, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4900251017054/4582203118714 本物中の本物! ワイン好きなら、間違いなく憧れる造り手が、このシャトー・ラフィット・ロートシルト。 なんと言っても、ボルドー第一級格付け(5つしかありません。)の1つです。 あの 辛口ワイン評論家ロバート・パーカー氏 に 『ボルドーで最も有名なブドウ園であり、ワインであるラフィット=ロートシルトの名は、優雅な雰囲気を漂わす小振りでシンプルなラベルとともに、富、格式、歴史、敬意、そして際立って長い熟成期間を思い起こさせる。』 と言われるほどの逸品! そして、ここで造られるワン・ランク下の セカンド物『カリュアド・ド・ラフィット』 も、その品質の高さで有名です。 予算的にラフィットに手の届かない時や、本物のボルドーの味を知りたい時などには、是非このセカンド物をお試し下さい。 その品質には、かなり定評があります。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド3%、カベルネ・フラン2%

シャトー ラフィット ロートシルト 2015 赤ワイン J tp S 低価,定番人気 —— 54,100円

フランス/ボルドー

シャトー ル ピュイ エミリアン 2015 赤ワイン 最安値,大得価

■蝋キャップについて■ こちらは 蝋キャップ の商品でございます。輸送途中で、既に 蝋が欠けているものや割れている ものもございます。 商品到着後の、返品交換はお受け致しかねますので、ご了承の上お買い求め下さい。 INFORMATIONNameChateau le Puy Emilienブドウ品種メルロー/カベルネ・ソーヴィニヨン/カルメネール生産者名シャトー・ル・ピュイ産地フランス/ボルドーRegionFrance/Bordeaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

シャトー ル ピュイ エミリアン 2015 赤ワイン 最安値,大得価 —— 4,400円

フランス/ボルドー

シャトー レオヴィル ラスカーズ 2013 赤ワイン tp S 正規品,100%新品

INFORMATIONNameChateau Leoville Las Casesブドウ品種生産者名シャトー・レオヴィル・ラスカーズ産地フランス/ボルドー/サンジュリアンRegionFrance/Bordeaux/Saint Julien内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

シャトー レオヴィル ラスカーズ 2013 赤ワイン tp S 正規品,100%新品 —— 17,200円

フランス/ボルドー

シャトー レヴァンジル 1996 赤ワイン tp S 送料無料,限定SALE

■『Wine Advocate #122 Apr 1999』より抜粋■ The 1996 l'Evangile will undoubtedly be a controversial wine. The wine gives the impression of being over-extracted in its dark ruby/purple color and notes of prunes, raisins, Chinese black tea, blackberries, and cherry liqueur. It is rich and powerful , as well as tannic and disjointed, but medium to full-bodied, with excellent richness, and a long, over-ripe finish . It may take a few years to round into shape, but this could turn out to be an outstanding wine . ロバート・パーカー氏評:90点 INFORMATIONNameChâteau L'Evangileブドウ品種生産者名シャトー・レヴァンジル産地フランス/ボルドー/ポムロールRegionFrance/Bordeaux/Pomerol内容量750mlWA−/Issue −WS90/Issue Web Only - 2007※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ポムロール好きは必見! ペトリュスや、シュヴァル・ブランに 隣接する偉大なる逸品!! 『ポムロール村愛好家』 にとっては、 夢のようなワイン が入荷しました! あのペトリュスや、シュヴァル・ブランの畑に隣接するという、素晴らしい立地にあり、ロバート・パーカー氏からも… 【ロバート・パーカー氏の評価】 レヴァンジルはじきに品質においても、そして嘆かわしいことだが価格においても、 ペトリュスやラフルールに挑戦するようになる だろう。 と評される 逸品中の逸品 です! 品質においては、ペトリュスに肉薄してきていますが、嬉しいことに、価格の面では、まだまだ挑戦するには至っておらず、お値打ち感が強いです♪ もう少しシャトー・レヴァンジルの評価を調べてみると… 【ロバート・パーカー氏のコメント】 2001年、2000年、1998年、1995年、1990年、1989年、1985年、1982年、1975年、1961年、1950年あるいは1947年のレヴァンジルを試飲した人なら、このシャトーが、 荘厳な豊かさ と 人の心をつかんで離さない個性 を持ったワインをつくれるということがよく分かっているはずだ。 14haの畑は、 北をラ・コンセイヤント、ヴュー・シャトー・セルタン、ペトリュス 、 南をサンテミリオンの偉大なシュヴァル・ブランに境を接する輝かしい立地 にあり、土壌は粘土と砂が混じった深い砂利質土壌である。 このような有利な点があるのだから、私はレヴァンジルが(一貫性の模範ではないが)ペトリュスやラフルールやシュヴァル・ブランに 匹敵する ワインを生産する事が出来ると信じている。 現在それが進行中である。 1990年にロートシルト家(ラフィット・ロートシルトのほう)が過半数の株式を取得し、2000年にはアルベール・フレール(裕福なベルギー人で、シュヴァル・ブランにも出資している)とともに全株式を取得した。 彼らはこのシャトーの 限りない潜在能力 を完全に認識しており、レヴァンジルはじきに品質においても、そして嘆かわしいことだが価格においても、 ペトリュスやラフルールに挑戦 するようになるだろう。 確かに、故ルイ・デュカスは彼のブドウ畑が際立っていることをはっきり知っていたに違いない。なぜなら、彼はレヴァンジルにあらゆる点で隣のペトリュスと同じくらいよく、そしてもっと複雑ですらあるという見解を述べて、訪れるワイン評論家をしばしば脅しつけていたからである。非凡なデュカス夫人は90代半ばという年齢でも日常的にレヴァンジルの運営にあたっていたが、数年前に亡くなった。 私は、1990年代初めに この驚嘆すべき女性 と昼食をともにした時の事を忘れない。その時、牛の胸腺肉(リー・ド・ヴォー)、牛肉のフィレの豪勢な昼食が終わる頃、私は料理をすべて平らげて、客よりも早く栄えあるワインを飲み干したただ1人の人物はデュカス夫人である事に気がついた! 現在、レヴァンジルは完全にロートシルトの所有下にあり、私はこのシャトーが年々ペトリュスやシュヴァル・ブランに近づいていくことを期待している。 選別もせずに、勘と経験に頼った醸造法と育成法で何年にもわたってつくられてきた偉大なワインが実証しているように、 魔法のような畑 である。ロートシルト家の完ぺき主義の体制のもとではすべてが変わるだろう。 この 偉大な出来の実績を持つポムロール は、さらに偉大になる態勢である−価格のほうも。

シャトー レヴァンジル 1996 赤ワイン tp S 送料無料,限定SALE —— 19,300円

フランス/ボルドー

シャトー レヴァンジル 1999 赤ワイン S tp 新作登場,お得

お値打ち! 『ポムロール村愛好家』 にとっては、夢のようなワインです! なんと言っても、あのペトリュスや、シュヴァル・ブランの畑に隣接するという、 素晴らしい立地 にあり、品質においても、ペトリュスに肉薄してきていると言われてるにも関わらず、嬉しいことに、価格の面では、まだまだ挑戦するには至っておりません♪ ボルドー好き は、どうぞお見逃しなくー!! INFORMATIONNameChateau L'Evangileブドウ品種メルロー75%/カベルネ・フラン25%(作付比率)生産者名シャトー・レヴァンジル 産地フランス/ボルドー/ポムロールRegionFrance/Bordeaux/Pomerol内容量750mlWA89/Issue 30th Apr 2002WS89/Issue Web Only - 2010※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ポムロール好きは必見! ペトリュスや、シュヴァル・ブランに 隣接する偉大なる逸品!! 『ポムロール村愛好家』 にとっては、 夢のようなワイン が入荷しました! あのペトリュスや、シュヴァル・ブランの畑に隣接するという、素晴らしい立地にあり、ロバート・パーカー氏からも… 【ロバート・パーカー氏の評価】 レヴァンジルはじきに品質においても、そして嘆かわしいことだが価格においても、 ペトリュスやラフルールに挑戦するようになる だろう。 と評される 逸品中の逸品 です! 品質においては、ペトリュスに肉薄してきていますが、嬉しいことに、価格の面では、まだまだ挑戦するには至っておらず、お値打ち感が強いです♪ もう少しシャトー・レヴァンジルの評価を調べてみると… 【ロバート・パーカー氏のコメント】 2001年、2000年、1998年、1995年、1990年、1989年、1985年、1982年、1975年、1961年、1950年あるいは1947年のレヴァンジルを試飲した人なら、このシャトーが、 荘厳な豊かさ と 人の心をつかんで離さない個性 を持ったワインをつくれるということがよく分かっているはずだ。 14haの畑は、 北をラ・コンセイヤント、ヴュー・シャトー・セルタン、ペトリュス 、 南をサンテミリオンの偉大なシュヴァル・ブランに境を接する輝かしい立地 にあり、土壌は粘土と砂が混じった深い砂利質土壌である。 このような有利な点があるのだから、私はレヴァンジルが(一貫性の模範ではないが)ペトリュスやラフルールやシュヴァル・ブランに 匹敵する ワインを生産する事が出来ると信じている。 現在それが進行中である。 1990年にロートシルト家(ラフィット・ロートシルトのほう)が過半数の株式を取得し、2000年にはアルベール・フレール(裕福なベルギー人で、シュヴァル・ブランにも出資している)とともに全株式を取得した。 彼らはこのシャトーの 限りない潜在能力 を完全に認識しており、レヴァンジルはじきに品質においても、そして嘆かわしいことだが価格においても、 ペトリュスやラフルールに挑戦 するようになるだろう。 確かに、故ルイ・デュカスは彼のブドウ畑が際立っていることをはっきり知っていたに違いない。なぜなら、彼はレヴァンジルにあらゆる点で隣のペトリュスと同じくらいよく、そしてもっと複雑ですらあるという見解を述べて、訪れるワイン評論家をしばしば脅しつけていたからである。非凡なデュカス夫人は90代半ばという年齢でも日常的にレヴァンジルの運営にあたっていたが、数年前に亡くなった。 私は、1990年代初めに この驚嘆すべき女性 と昼食をともにした時の事を忘れない。その時、牛の胸腺肉(リー・ド・ヴォー)、牛肉のフィレの豪勢な昼食が終わる頃、私は料理をすべて平らげて、客よりも早く栄えあるワインを飲み干したただ1人の人物はデュカス夫人である事に気がついた! 現在、レヴァンジルは完全にロートシルトの所有下にあり、私はこのシャトーが年々ペトリュスやシュヴァル・ブランに近づいていくことを期待している。 選別もせずに、勘と経験に頼った醸造法と育成法で何年にもわたってつくられてきた偉大なワインが実証しているように、 魔法のような畑 である。ロートシルト家の完ぺき主義の体制のもとではすべてが変わるだろう。 この 偉大な出来の実績を持つポムロール は、さらに偉大になる態勢である−価格のほうも。

シャトー レヴァンジル 1999 赤ワイン S tp 新作登場,お得 —— 17,200円

フランス/ボルドー

シャトー レヴァンジル 2006 赤ワイン S 最安値,品質保証

逸品中の逸品! 『ポムロール村愛好家』 なら、誰もが飲みたくなる、シャトー・レヴァンジルの2006年。 あの ペトリュス や、 シュヴァル・ブラン の畑に隣接するという、 素晴らしい立地 にあり、ロバート・パーカー氏からも… 【ロバート・パーカー氏の評価】 レヴァンジルはじきに品質においても、そして嘆かわしいことだが価格においても、 『ペトリュス』 や、 『ラフルール』 に挑戦するようになるだろう。 と評される 逸品中の逸品! 『ポムロール村』 が好きなお客様は、どうぞ、この機会を、お見逃しなく〜!! ■『ワイン・アドヴォケイト181号』より抜粋■ The sexy , dark ruby/purple-tinged 2006 l’Evangile achieved 14% natural alcohol, as high as any of the great vintages at this estate. Abundant amounts of dark raspberry and black cherry fruit intertwined with sweet plums and hints of figs as well as spring flowers jump from the glass of this medium to full-bodied, fleshy, supple-textured, silky wine. Drink it now or cellar it for 15-20 years. ◆パーカーポイント:93点 INFORMATIONNameChateau L'Evangileブドウ品種メルロ /カベルネ・フラン生産者名シャトー・レヴァンジル産地フランス/ボルドー/ポムロールRegionFrance/Bordeaux/Pomerol内容量750mlWA93/Issue 25th Feb 2009WS90/Issue Mar 31, 2009※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ポムロール好きは必見! ペトリュスや、シュヴァル・ブランに 隣接する偉大なる逸品!! 『ポムロール村愛好家』 にとっては、 夢のようなワイン が入荷しました! あのペトリュスや、シュヴァル・ブランの畑に隣接するという、素晴らしい立地にあり、ロバート・パーカー氏からも… 【ロバート・パーカー氏の評価】 レヴァンジルはじきに品質においても、そして嘆かわしいことだが価格においても、 ペトリュスやラフルールに挑戦するようになる だろう。 と評される 逸品中の逸品 です! 品質においては、ペトリュスに肉薄してきていますが、嬉しいことに、価格の面では、まだまだ挑戦するには至っておらず、お値打ち感が強いです♪ もう少しシャトー・レヴァンジルの評価を調べてみると… 【ロバート・パーカー氏のコメント】 2001年、2000年、1998年、1995年、1990年、1989年、1985年、1982年、1975年、1961年、1950年あるいは1947年のレヴァンジルを試飲した人なら、このシャトーが、 荘厳な豊かさ と 人の心をつかんで離さない個性 を持ったワインをつくれるということがよく分かっているはずだ。 14haの畑は、 北をラ・コンセイヤント、ヴュー・シャトー・セルタン、ペトリュス 、 南をサンテミリオンの偉大なシュヴァル・ブランに境を接する輝かしい立地 にあり、土壌は粘土と砂が混じった深い砂利質土壌である。 このような有利な点があるのだから、私はレヴァンジルが(一貫性の模範ではないが)ペトリュスやラフルールやシュヴァル・ブランに 匹敵する ワインを生産する事が出来ると信じている。 現在それが進行中である。 1990年にロートシルト家(ラフィット・ロートシルトのほう)が過半数の株式を取得し、2000年にはアルベール・フレール(裕福なベルギー人で、シュヴァル・ブランにも出資している)とともに全株式を取得した。 彼らはこのシャトーの 限りない潜在能力 を完全に認識しており、レヴァンジルはじきに品質においても、そして嘆かわしいことだが価格においても、 ペトリュスやラフルールに挑戦 するようになるだろう。 確かに、故ルイ・デュカスは彼のブドウ畑が際立っていることをはっきり知っていたに違いない。なぜなら、彼はレヴァンジルにあらゆる点で隣のペトリュスと同じくらいよく、そしてもっと複雑ですらあるという見解を述べて、訪れるワイン評論家をしばしば脅しつけていたからである。非凡なデュカス夫人は90代半ばという年齢でも日常的にレヴァンジルの運営にあたっていたが、数年前に亡くなった。 私は、1990年代初めに この驚嘆すべき女性 と昼食をともにした時の事を忘れない。その時、牛の胸腺肉(リー・ド・ヴォー)、牛肉のフィレの豪勢な昼食が終わる頃、私は料理をすべて平らげて、客よりも早く栄えあるワインを飲み干したただ1人の人物はデュカス夫人である事に気がついた! 現在、レヴァンジルは完全にロートシルトの所有下にあり、私はこのシャトーが年々ペトリュスやシュヴァル・ブランに近づいていくことを期待している。 選別もせずに、勘と経験に頼った醸造法と育成法で何年にもわたってつくられてきた偉大なワインが実証しているように、 魔法のような畑 である。ロートシルト家の完ぺき主義の体制のもとではすべてが変わるだろう。 この 偉大な出来の実績を持つポムロール は、さらに偉大になる態勢である−価格のほうも。

シャトー レヴァンジル 2006 赤ワイン S 最安値,品質保証 —— 19,100円

フランス/ボルドー

シャトー ローザン セグラ 2008 赤ワイン S 人気,正規品

『傑出したマルゴー!』 スーパー・セカンド で、 シャネルが所有 、 産地はマルゴー と、ワイン好きだけでなく、女性の心まで掴んでしまうエピソードを持つ、ローザン・セグラ。 以前、ボルドーに行った際、現地の事情を良く知る人から… 『ローザン・セグラは本気で品質向上に取り組んでいる。』 と聞きましたが、その事実が、『ワイナート誌28号』に紹介されています。 ■『ワイナート誌28号』より抜粋■ 顕著な変化が見られたのは、1983年にかの エミール・ペイノー博士 がコンサルタントとなり、86年に 醸造設備が更新 され、ステンレスタンクが設置されてからだ。 しかし不幸なことに、親会社の経営難ゆえ、復活の計画は途中で頓挫した。 1994年、ついに 根本的な変化 が訪れた。 シャネルのオーナー でもあるウェルテイメール氏がシャトー・ローザン・セグラを購入、畑に配水管を埋め込んだ。工事は2000年に完成した。配水管の総延長はなんと15キロメートル。支配人であるジョン・コラサはいう。 『畑の質の8割は土壌そのもので決まるが、残り二割は水に左右される。シャトー・ローザン・セグラのみならず、マルゴー全体の問題は、その水にあった。排水が悪かったのだ。』 畑の状態を向上 させた後は、 醸造所の改善 に取り組んだ。2004年に選果台を導入し、地下セラーを新築した。更に重要な決定は、グラン・ヴァンの生産比率を80%から45%に下げ、10%のサード・ワインを新たに造ったことだ。 『サードはネゴシアンに桶売りされ、このことで セカンド・ワインの質が向上 した。シャトー・ローザン・セグラを飲んだ事がない人たちはセカンド・ワインから試してみるはずだ。それが美味しくなければ、どうしてグラン・ヴァンを買ってくれるだろうか。』 そんなローザン・セグラの 2008年ヴィンテージ が到着! ロバート・パーカー氏の『ワイン・アドヴォケイト誌』でも… 『傑出したマルゴー』 と、コメントされています♪ ■『ワイン・アドヴォケイト194号』より抜粋■ The 2008 Rauzan-Segla (62% Cabernet Sauvignon and 38% Merlot) was made from 45% of the production. It is a beautiful wine in this vintage, not nearly as powerful and structured as the 2010, but it has complex notes of sweet red and black fruits, unsmoked cigar tobacco, spice box and a hint of very subtle wood. The complex perfume is followed by a dark ruby/plum-colored wine with beautifully sweet tannins , a silky , medium to full-bodied mouthfeel, and a long finish . This outstanding Margaux should drink nicely for 15-20 years. ◆ロバート・パーカー氏評:90+点 ◆飲み頃予想:2011〜2031年 INFORMATIONNameChateau Rauzan-Seglaブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン62%/メルロー38%生産者名シャトー・ローザン・セグラ産地フランス/ボルドー/マルゴーRegionFrance/Bordeaux/Margaux内容量750mlWA90+/Issue 2nd May 2011WS90/Issue Apr 30, 2011※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4993199039028/4562233534128 女性の憧れ! シャネルが所有する マルゴーの逸品!! 以前、実店舗で、『ボルドーの魅力再発見』と題したワインの会を行った事がありました 。 そこで、試飲した中でも 『さすが!』 と、評判だったのが『シャトー・ローザン・セグラ1997年物』でした。 まだまだ、色も若い感じでしたが、香りはとても『まろやか、艶やか。』って言うんでしょうか?! 何とも、エレガントな香りで、とても幸せ気分一杯にさせて頂きました。 味わいも、丸みのある、良い意味で 『マルゴーらしさ』 を感じる、『若い色気』のあるワインでした。 ご存じの方も多いかも知れませんが、このローザン・セグラは、なんと! あの女性の憧れブランド、 シャネルが所有 するシャトーなのです!! それだけでも、女性だったら、惹かれてしまいますよね(笑) 男性も、彼女にプレゼントする時、こういうエピソードが、チョットあると、話が弾みますよね〜(笑) でも、この造り手は、『シャネル』という看板が無くっても、とっても実力のある造り手なんですよ♪ ボルドーの格付けでは、第2級格付けで、その中でも『スーパー・セカンド』と呼ばれる、『第1級格付けに限りなく近い第2級格付けワイン』、として 世界的に高く評価 されています。 注目すべき理由は… ローザン=セグラの歴史は、1661年に溯る。当時のブドウ畑は、ピエール・デ・メシュール・ドゥ・ローザンの手で生まれた。 彼は、現在の、ピション=ロングヴィル=コンテス・ドゥ・ラランドとピション=ロングヴィル・バロンから成るブドウ畑の所有者でもあった。 1855年、ローザン=セグラは、第一級シャトーである、ラフィット=ロートシルト、ラトゥール、マルゴー、オー=ブリオン、それに、トップランクの第二級シャトーである、ムートン=ロートシルトの 五大ワインに継ぐ、ボルドーの最高ワインとされた。 1973年にムートン=ロートシルトは昇格し、今やローザン=セグラは、残る14の 2級シャトーの最高位 に位置する。 1960年代、1970年代の20年間に生まれたワインが、その地位に値するとはとても思えないが、1983年のヴィンテージで、この可もなく不可もない品質は、劇的に変化した。 1983年以後は、目覚ましい改良が行われた。新しいワイン蔵の建設と、ステンレスの発酵槽を増やしたりといった、ワイン製造施設の改良、新樽の割合の増加、更に最良の収穫物だけをワインにする、というテオの厳しい選別方針により、ローザン=セグラの輝かしいワインが次々と生まれたのである。 最近の、ワインの品質を見れば、確かにこのシャトーはボルドーのスーパーセカンドの エリート・グループ に入る。 1983年以来、ローザン=セグラのしてきた事で間違っていたのはひとつしかない。 ジャック・テオが、1987年のボルドーのヴィンテージは期待を裏切る出来だと宣言し、彼のボルドーの仲間たちを不愉快にさせた。 そして、ローザン=セグラは何十年来初めて、ある特定のヴィンテージ、すなわち、1987年ものを生産しない最初の主要なメドックの格付けシャトーになった。 ここのワインは、 飲む価値のある、素晴らしいものだ。 価格の方は、この由緒あるブドウ園の新しい品質レベルに、まだ追いついていない。 所有者が最近、替わったことで(香水のシャネルがこのシャトーを獲得した)、ローザン=セグラが素晴らしいワインを生み続けるという一般的な見方はさらに強まるだろう。 (ロバート・パーカー氏著『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋)

シャトー ローザン セグラ 2008 赤ワイン S 人気,正規品 —— 11,800円

フランス/ボルドー

シャトー ローザン セグラ 2009 赤ワイン S tp 最新作,新作

350周年記念ラベル! ◆世界で 争奪戦 !? ◆ 『一級シャトーに匹敵!』 と、パーカー氏が名指し!! ◆ シャネル が所有!! と、 華やかさと品質 を兼ね備えたシャトーとして、注目を浴びる、シャトー・ローザン・セグラ。 そのローザン・セグラに、 更なるニュース です! なんと、当たり年2009年、シャトーが350周年を迎えるにあたり、ラベル・デザインを シャネルのデザイナー 、カール・ラガーフェルド氏が担当、 特別なラベル でのリリースとなりました!! カール・ラガーフェルド氏 といえば、長くシャネルのデザイナーを務める、デザイン界に名を刻む、 超大物。 そんな彼が手掛けた、2009年ラベルは、ワイン好きのみならず、 ファッション関係者 も欲しがるであろうことは、明らか。 その上、まだ市場にほとんど 出回っていない ようで、中々お目にかかる事がありません。 今回も、輸入元さんにご案内は頂いたものの… 『次、いつ手に入るのかは、全く分かりません。』 と、断言されてしまいました(汗) もしかして、 世界で争奪戦 が起こっているのでしょうか!? もちろん、ワインの品質は、『一級シャトーに匹敵』と、言われるその 実力 と、 2009年の恩恵 を、しっかりと感じて頂けるものだと思います。 女性への プレゼントにも、ピッタリ です♪ 特別なローザン・セグラ2009、 入荷です!! ■『ワイン・アドヴォケイトIn Asia Jul 2012』より抜粋■ Deep garnet-purple in color, the 2009 Chateau Rauzan-Segla has a very fruity warm blackcurrant and blackberry preserve nose over hints of lilacs, cedar, cloves and cinnamon stick. Full bodied, rich and seductively fruited in the mouth, it has a solid foundation to support with a high level of velvety tannins and refreshing acid, finishing long. ◆95点 黒みがあるガーネットカラーはグラデーションになっていて美しく、 ブラックチェリー や カシス のコクのある甘やかな香りが立ちこめます。 ジンジャースパイスクッキー のような、この時期にピッタリのスパイスの雰囲気をまといながら、 芳醇な果実味が口いっぱいに広がります 。ヴ ェルベットのような緻密でなめらかなタンニン が心地よく、エレガントな余韻を楽しむことができます。 華麗な雰囲気とゴージャスな味わい は、これからのパーティーシーンにふさわしく、場を盛り上げてくれること間違いなしでしょう♪ (2018年12月3日試飲) INFORMATIONNameChâteau Rauzan Séglaブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー生産者名シャトー・ローザン・セグラ産地フランス/ボルドー/マルゴーRegionFrance/Bordeaux/Margaux内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 女性の憧れ! シャネルが所有する マルゴーの逸品!! 以前、実店舗で、『ボルドーの魅力再発見』と題したワインの会を行った事がありました 。 そこで、試飲した中でも 『さすが!』 と、評判だったのが『シャトー・ローザン・セグラ1997年物』でした。 まだまだ、色も若い感じでしたが、香りはとても『まろやか、艶やか。』って言うんでしょうか?! 何とも、エレガントな香りで、とても幸せ気分一杯にさせて頂きました。 味わいも、丸みのある、良い意味で 『マルゴーらしさ』 を感じる、『若い色気』のあるワインでした。 ご存じの方も多いかも知れませんが、このローザン・セグラは、なんと! あの女性の憧れブランド、 シャネルが所有 するシャトーなのです!! それだけでも、女性だったら、惹かれてしまいますよね(笑) 男性も、彼女にプレゼントする時、こういうエピソードが、チョットあると、話が弾みますよね〜(笑) でも、この造り手は、『シャネル』という看板が無くっても、とっても実力のある造り手なんですよ♪ ボルドーの格付けでは、第2級格付けで、その中でも『スーパー・セカンド』と呼ばれる、『第1級格付けに限りなく近い第2級格付けワイン』、として 世界的に高く評価 されています。 注目すべき理由は… ローザン=セグラの歴史は、1661年に溯る。当時のブドウ畑は、ピエール・デ・メシュール・ドゥ・ローザンの手で生まれた。 彼は、現在の、ピション=ロングヴィル=コンテス・ドゥ・ラランドとピション=ロングヴィル・バロンから成るブドウ畑の所有者でもあった。 1855年、ローザン=セグラは、第一級シャトーである、ラフィット=ロートシルト、ラトゥール、マルゴー、オー=ブリオン、それに、トップランクの第二級シャトーである、ムートン=ロートシルトの 五大ワインに継ぐ、ボルドーの最高ワインとされた。 1973年にムートン=ロートシルトは昇格し、今やローザン=セグラは、残る14の 2級シャトーの最高位 に位置する。 1960年代、1970年代の20年間に生まれたワインが、その地位に値するとはとても思えないが、1983年のヴィンテージで、この可もなく不可もない品質は、劇的に変化した。 1983年以後は、目覚ましい改良が行われた。新しいワイン蔵の建設と、ステンレスの発酵槽を増やしたりといった、ワイン製造施設の改良、新樽の割合の増加、更に最良の収穫物だけをワインにする、というテオの厳しい選別方針により、ローザン=セグラの輝かしいワインが次々と生まれたのである。 最近の、ワインの品質を見れば、確かにこのシャトーはボルドーのスーパーセカンドの エリート・グループ に入る。 1983年以来、ローザン=セグラのしてきた事で間違っていたのはひとつしかない。 ジャック・テオが、1987年のボルドーのヴィンテージは期待を裏切る出来だと宣言し、彼のボルドーの仲間たちを不愉快にさせた。 そして、ローザン=セグラは何十年来初めて、ある特定のヴィンテージ、すなわち、1987年ものを生産しない最初の主要なメドックの格付けシャトーになった。 ここのワインは、 飲む価値のある、素晴らしいものだ。 価格の方は、この由緒あるブドウ園の新しい品質レベルに、まだ追いついていない。 所有者が最近、替わったことで(香水のシャネルがこのシャトーを獲得した)、ローザン=セグラが素晴らしいワインを生み続けるという一般的な見方はさらに強まるだろう。 (ロバート・パーカー氏著『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋)

シャトー ローザン セグラ 2009 赤ワイン S tp 最新作,新作 —— 20,000円