フランス/ボルドー

シャトー カロン セギュール 2005 赤ワイン J tp S お買い得,本物保証

94点! ハートのマーク で有名なカロンセギュール。 このような愛らしいマークなので、 恋人同士などで飲まれることが多いです 。 実際私も若い頃は、当時の恋人と飲んだ事があります(笑) そして、ご購入頂いたお客様からも… 『特別な日に旦那と飲もうと思います♪ 』 という嬉しいコメントが届いています。 丁度飲み頃 だと思いますので、是非、お試し下さい。 飲んだ後も、『あの時、ハートのマークのワイン飲んだよね〜♪』と 良い思い出が残ると思います(^_^)v 『記念年のボルドーワイン』azu-azu様 記念年のボルドーワイン<2005> 2005年に結婚しましたので、記念に2005年のボルドーワイン・・と思っていて、本商品に決めました。 旦那殿と美味しく飲める日がくるのが楽しみです♪ 『特別な日に旦那と飲もうと思います♪ 』 ★minibuta★ 初めて高いワインを購入しました。 まだワインセラーの中に大切に保存してあります。 特別な日に旦那と飲もうと思います♪ ■『ワイン・アドヴォケイト227号』より抜粋■ Tasted from an ex-ch?teau bottle at BI Wine & Spirits Calon-Segur dinner in London, the 2005 Calon Segur is on par with the wonderful 2000. The only real difference is that this needs more time in bottle . It has a captivating nose: blackberry and boysenberry fruit coming at you at full pelt; dried blood and bacon fat developing as secondary aromas just behind. There is fine delineation here - an underlying mineralit? sure to surface with time. The palate is very intense and disarmingly youthful , almost ferrous on the entry with layers of ripe black fruit that segue into an earthy finish (with a curious light tang of Marmite on the aftertaste!) . It is a fabulous Calon S?gur, though the millennial wine might ultimately possess greater precision. We will see. Tasted March 2015. ◆パーカーポイント:94点 ◆飲み頃:2020〜2050年 INFORMATIONNameChateau Calon Segurブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー生産者名シャトー・カロン・セギュール産地フランス/ボルドー/サンテステフRegionFrance/Bordeaux/Saint Estephe内容量750mlWA94/Issue 29th Oct 2016WS93/Issue Mar 31, 2008※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4973480695904/4953762699455/4519490550309 4562233524600/4997678593261/4993199054519

シャトー カロン セギュール 2005 赤ワイン J tp S お買い得,本物保証 —— 16,600円

フランス/ボルドー

シャトー カロン セギュール 2016 赤ワイン S 大得価,限定SALE

■『eRobert Parker.com』より抜粋■ The 2016 Calon-Segur is a blend of 60% Cabernet Sauvignon, 20% Merlot, 18% Cabernet Franc and 2% Petit Verdot aged in 100% new French oak for 20 months. Deep garnet-purple colored, it is a little closed to begin, slowly revealing warm red and black currants, kirsch and plum preserves with wafts of fragrant earth , violets, chocolate box and wood smoke . Medium to full-bodied, elegantly expressed and finely crafted, it has a wonderfully fine-grained texture and bold freshness supporting the densely packed black fruits, finishing long and mineral-laced . ◆パーカーポイント:96点 ◆飲み頃:2021〜2045年 INFORMATIONNameChateau Calon Segurブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン60%/メルロー20%/カベルネ・フラン18%/プティ・ヴェルド2%生産者名シャトー カロン セギュール産地フランス/ボルドー/サンテステフRegionFrance/Bordeaux/Saint Estephe内容量750mlWA96/Issue 1st Dec 2018 WS96/Issue Mar 31, 2019※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

シャトー カロン セギュール 2016 赤ワイン S 大得価,限定SALE —— 13,600円

フランス/ボルドー

シャトー カントメルル 1990 赤ワイン S 人気定番,2019

INFORMATIONNameChateau Cantemerleブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン50%/メルロー40%/プティ・ヴェルド5%/カベルネ・フラン5%生産者名シャトー・カントメルル産地フランス/ボルドー/オー・メドックRegionFrance/Bordeaux/Haut Medoc内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 知る人ぞ知る ボルドーの隠れた逸品! 価格も魅力的♪ いろんなボルドー・ワインを飲んでいる一部の人の間では、 かなり定評 のある ボルドー第5級格付け ワイン。 一部の著名な ワイン評論家から は… 『3〜4級に昇格すべき』 という声が上がっているが、このワインを飲めば、十二分に納得が行く♪ 参考までに、 ロバート・パーカー氏 の評価を記します。 【ロバート・パーカー氏の評価】 ブドウ畑はかなりの規模で植え替えられており、時間が経つにつれて、質はさらに向上するに違いない。 カントメルルのスタイルの特徴は、 豊かでしなやかな果実味 と、 極めて香りの華やか なブーケにある。 栽培地の比較的軽い土壌と高いメルロの割合を考えると、これは決して熟成によって大物になるようなワインではないだろう。 カントメルルの出来の良いものは必ず、 タップリの芳香 がある早熟タイプであり、そのために若いうちから、 申し分のない魅力 がある。 1980年代の革新の成果だが、このシャトーは現在、1855年の 格付けの上位に匹敵 する。 【ブドウ品種】メルロ40%、カベルネ・ソーヴィニョン40%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド10% (講談社『ロバート・パーカー氏のボルドー 第3版』より抜粋) ■『週刊ビジネス・ジャンプ2010年8月4日号』掲載 『ソムリエール』コラム『ワインの自由』より抜粋■ 初めて変更が行われたのは 格付け発表直後 で、格付けされていなかったシャトー・カントメルルが第5級の末席に組み込まれました。パリの万国博覧会で展示されているボルドーワインの格付けに、 歴史あるカントメルルが含まれていない ことを知ったオーナーのカロリーヌ・ド・ヴィルヌーヴ=デュフォールは、格付けの主体となったクルティエ(仲介業者)組合に 直接異議を申し立て ています。クルティエ組合はカントメルル側の主張が正当であることを認め、 パリ万国博覧会開催中 の9月に、カントメルルを第5級に組み込みました。 カントメルルが格付けから漏れていた 理由は単純 でした。同シャトーのワインは伝統的にオランダでの人気が高く、生産量の全量をボルドーのクルティエやネゴシアンを通さずに、 オランダのワイン商に直接販売 してきました。このため、格付けを作成したクルティエの元には、カントメルルの 出荷価格に関する情報がほとんど残されておらず 、カントメルルを格付けに組み込むことが出来ませんでした。クルティエたちは自分達の 落ち度を認め 、 進んで格付けの修正に乗り出した といわれています。 『さえずるツグミ』 という美しい名前のカントメルルは、メドックとしてはボルドー市に近いマコー村にあり、ワインの原産地呼称上はオー・メドック。ワイン醸造の 歴史は古く 、1354年に領主が十分の一税をワインで支払った記録が残っている。 瀟洒なシャトー を囲む90ヘクタールの畑は、シャトー・ラ・ラギューヌとシャトー・ジスクールの間に広がっている。 植樹比率は カベルネ・ソーヴィニヨン50% と メルロー40% カベルネ・フラン と プティ・ヴェルド がそれぞれ 5% 。 セカンドワインとして、レ・ザレ・ド・カントメルルを造る。

シャトー カントメルル 1990 赤ワイン S 人気定番,2019 —— 11,100円

フランス/ボルドー

シャトー カントメルル 2007 赤ワイン S 数量限定,限定SALE

INFORMATIONNameChateau Cantemerleブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン50%/メルロー35%/カベルネ・フラン9%/プティ・ヴェルド6%生産者名シャトー・カントメルル産地フランス/ボルドー/オー・メドックRegionFrance/Bordeaux/Haut Medoc内容量750mlWA83/Issue 1st Jul 2017WS85/Issue Mar 31, 2010※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 知る人ぞ知る ボルドーの隠れた逸品! 価格も魅力的♪ いろんなボルドー・ワインを飲んでいる一部の人の間では、 かなり定評 のある ボルドー第5級格付け ワイン。 一部の著名な ワイン評論家から は… 『3〜4級に昇格すべき』 という声が上がっているが、このワインを飲めば、十二分に納得が行く♪ 参考までに、 ロバート・パーカー氏 の評価を記します。 【ロバート・パーカー氏の評価】 ブドウ畑はかなりの規模で植え替えられており、時間が経つにつれて、質はさらに向上するに違いない。 カントメルルのスタイルの特徴は、 豊かでしなやかな果実味 と、 極めて香りの華やか なブーケにある。 栽培地の比較的軽い土壌と高いメルロの割合を考えると、これは決して熟成によって大物になるようなワインではないだろう。 カントメルルの出来の良いものは必ず、 タップリの芳香 がある早熟タイプであり、そのために若いうちから、 申し分のない魅力 がある。 1980年代の革新の成果だが、このシャトーは現在、1855年の 格付けの上位に匹敵 する。 【ブドウ品種】メルロ40%、カベルネ・ソーヴィニョン40%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド10% (講談社『ロバート・パーカー氏のボルドー 第3版』より抜粋) ■『週刊ビジネス・ジャンプ2010年8月4日号』掲載 『ソムリエール』コラム『ワインの自由』より抜粋■ 初めて変更が行われたのは 格付け発表直後 で、格付けされていなかったシャトー・カントメルルが第5級の末席に組み込まれました。パリの万国博覧会で展示されているボルドーワインの格付けに、 歴史あるカントメルルが含まれていない ことを知ったオーナーのカロリーヌ・ド・ヴィルヌーヴ=デュフォールは、格付けの主体となったクルティエ(仲介業者)組合に 直接異議を申し立て ています。クルティエ組合はカントメルル側の主張が正当であることを認め、 パリ万国博覧会開催中 の9月に、カントメルルを第5級に組み込みました。 カントメルルが格付けから漏れていた 理由は単純 でした。同シャトーのワインは伝統的にオランダでの人気が高く、生産量の全量をボルドーのクルティエやネゴシアンを通さずに、 オランダのワイン商に直接販売 してきました。このため、格付けを作成したクルティエの元には、カントメルルの 出荷価格に関する情報がほとんど残されておらず 、カントメルルを格付けに組み込むことが出来ませんでした。クルティエたちは自分達の 落ち度を認め 、 進んで格付けの修正に乗り出した といわれています。 『さえずるツグミ』 という美しい名前のカントメルルは、メドックとしてはボルドー市に近いマコー村にあり、ワインの原産地呼称上はオー・メドック。ワイン醸造の 歴史は古く 、1354年に領主が十分の一税をワインで支払った記録が残っている。 瀟洒なシャトー を囲む90ヘクタールの畑は、シャトー・ラ・ラギューヌとシャトー・ジスクールの間に広がっている。 植樹比率は カベルネ・ソーヴィニヨン50% と メルロー40% カベルネ・フラン と プティ・ヴェルド がそれぞれ 5% 。 セカンドワインとして、レ・ザレ・ド・カントメルルを造る。

シャトー カントメルル 2007 赤ワイン S 数量限定,限定SALE —— 5,300円

フランス/ボルドー

シャトー キルワン 2009 赤ワイン S 100%新品,豊富な

INFORMATIONNameChateau Kirwanブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン56%/メルロー17%/カベルネ・フラン13.5%/プティ・ヴェルド13.5%生産者名シャトー キルワン産地フランス/ボルドー/マルゴーRegionFrance/Bordeaux/Margaux内容量750mlWA92+/Issue 23rd Dec 2011WS92/Issue Mar 31, 2012※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

シャトー キルワン 2009 赤ワイン S 100%新品,豊富な —— 11,500円

フランス/ボルドー

シャトー クリネ 2013 赤ワイン tp S 品質保証,安い

INFORMATIONNameChateau Clinetブドウ品種メルロー90%/カベルネ・ソーヴィニヨン9%/カベルネ・フラン1%生産者名シャトー・クリネ産地フランス/ボルドー/ポムロールRegionFrance/Bordeaux/Pomerol内容量750mlWA91/Issue 29th Oct 2016WS91/Issue Mar 31, 2016※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ロバート・パーカー氏曰く… 『ボルドー全体で 最もエキサイティング!!』 ボルドー・ワイン好き を自認する方で、このシャトー・クリネを好まれる方が、私の周りには多いように思われます。 こういう私も、クリネを飲む度に 『素晴らしいワインだなぁ。』 と 実感 する一人であります。 そのクリネとは、どんなワインなのでしょうか? ■探し出す努力をする価値がある一本■ ワインの品質についてよく言われ、人に訴える力のある議論のひとつに、ワインに独自の個性を与えるブドウ畑の土壌という、魔法のような意味の言葉『テロワール』の概念がある。 しかし、ポムロルの丘の頂に(ラフルールやペトリュスなどのスーパースターから1km も離 れていない、レグリーズ=クリネのすぐ隣) 見事な『テロワール』 を実際に持っているクリネは、高品質のワインをつくり出すには、単に畑の土壌を頼りにするよりも品質に対する人的な関与の方が大きな影響力を持ち得るということを、一人の献身的な青年が証明して見せ た一例である。 私が言っているのは、所有者のジョルジュ・オーディの娘と結婚したジャン=ミシェル・アル コートのことだ。 1986年、アルコートはクリネの管理を引き継ぐと、4年も経たないうちに、この毎回期待を裏切るシャトーをポムロルの ヒエラルキーの最高位 に押し上げた。 こうしてクリネは、ポムロルだけでなく、 ボルドー全体で最もエキサイティング な新しいワインのひとつになった。 今ではこれを 見つける為 なら、 どんな努力でもしてみる価値がある。 (講談社 『ボルドー 第3版』より抜粋) ※アルコート氏は、2001年に不慮の事故で亡くなられました。

シャトー クリネ 2013 赤ワイン tp S 品質保証,安い —— 9,000円

フランス/ボルドー

シャトー クリネ 2014 赤ワイン tp J S 低価,新作登場

ポムロール愛好家に♪ ボルドー地方ポムロール村には、ペトリュス、ル・パンをはじめ、数多くのキラ星のように輝く造り手が何人かいます。 その中の トップ・クラスに君臨 するのが、このシャトー・クリネ! ペトリュス、ル・パンなどに比べて 圧倒的に手頃な価格 で買えるわりに、 品質が高い という事で、常にワイン愛好家から高い評価を得ています。 ボルドー・ワイン好きを自認する方で、このシャトー・クリネを好まれる方が、私の周りには多いように思われます。 こういう私も、クリネを飲む度に… 『素晴らしいワインだなぁ。』 と実感する一人であります♪ あのロバート・パーカー氏ですら… 『ポムロルだけでなく、ボルドー全体で最もエキサイティングな新しいワインのひとつになった。』 と絶賛しています! そんなシャトー・クリネから、 手頃な価格で買える2014年 が入荷しました♪ 『とにもかくにもポムロールのワインが大好き!』という ポムロール愛好家 には、ピッタリのワインです。 格好良い6本木箱入りもご用意しています。是非、コチラも、ご一考下さい♪ INFORMATIONNameChateau Clinetブドウ品種メルロー90%/カベルネ・ソーヴィニヨン9%/カベルネ・フラン1%生産者名シャトー・クリネ産地フランス/ボルドーRegionFrance/Bordeaux内容量750mlWA91/Issue 1st Apr 2017WS92/Issue Mar 31, 2017※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 0400003210763 ロバート・パーカー氏曰く… 『ボルドー全体で 最もエキサイティング!!』 ボルドー・ワイン好き を自認する方で、このシャトー・クリネを好まれる方が、私の周りには多いように思われます。 こういう私も、クリネを飲む度に 『素晴らしいワインだなぁ。』 と 実感 する一人であります。 そのクリネとは、どんなワインなのでしょうか? ■探し出す努力をする価値がある一本■ ワインの品質についてよく言われ、人に訴える力のある議論のひとつに、ワインに独自の個性を与えるブドウ畑の土壌という、魔法のような意味の言葉『テロワール』の概念がある。 しかし、ポムロルの丘の頂に(ラフルールやペトリュスなどのスーパースターから1km も離 れていない、レグリーズ=クリネのすぐ隣) 見事な『テロワール』 を実際に持っているクリネは、高品質のワインをつくり出すには、単に畑の土壌を頼りにするよりも品質に対する人的な関与の方が大きな影響力を持ち得るということを、一人の献身的な青年が証明して見せ た一例である。 私が言っているのは、所有者のジョルジュ・オーディの娘と結婚したジャン=ミシェル・アル コートのことだ。 1986年、アルコートはクリネの管理を引き継ぐと、4年も経たないうちに、この毎回期待を裏切るシャトーをポムロルの ヒエラルキーの最高位 に押し上げた。 こうしてクリネは、ポムロルだけでなく、 ボルドー全体で最もエキサイティング な新しいワインのひとつになった。 今ではこれを 見つける為 なら、 どんな努力でもしてみる価値がある。 (講談社 『ボルドー 第3版』より抜粋) ※アルコート氏は、2001年に不慮の事故で亡くなられました。

シャトー クリネ 2014 赤ワイン tp J S 低価,新作登場 —— 10,100円

フランス/ボルドー

シャトー クレール ミロン 1985 キャップシール違いあり 赤ワイン tp S 定番,お得

ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるもの、液面が低いものがございます。状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameChateau Clerc Milonブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー/カベルネ・フラン/プティ・ヴェルド(年により比率は異なります。)生産者名シャトー・クレール・ミロン産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA−/Issue −WS91/Issue May 15, 1988※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムートンと、ラフィットの 畑に隣接する 超お値打ちポイヤック! 可愛いラベルが印象的な、クレール・ミロン。 ご存知の方も多いと思いますが、ボルドー第5級のこのシャトーは、あの、ボルドー格付け第1級、シャトー・ムートン・ロートシルト、そして、第5級のダルマイヤックと同じ、フィリピーヌ・ロートシルト氏の所有です。 【各専門誌の評価】 クレール・ミロンは、フィリピーヌ・ロートシルトのもうひとつのブドウ園である。 シャトーは無いが、畑は ムートン・ロートシルト と、 ラフィット・ロートシルト に隣接する 絶好の位置 にあり、また、静かなポイヤックの町を見下ろす巨大な石油プラントにも隣り合わせている。 1985年まで、ここのワインは軽くて特徴に欠ける物であったが、最近のヴィンテージは、みずみずしい果実味と、タップリした新樽の香りを備え、深みが増し、味わいに広がりが出てきた。彼女の所有する他のワインに比べて、クレール・ミロンは最も外向的で、若い内から飲みやすい。 最近のヴィンテージからすると、このワインは 過小評価されている 。 (ロバート・パーカー氏著『ボルドー第3版』よリ抜粋) そう、何故だか、その実力よりも評価をしてもらう事の少なかったクレール・ミロンですが、今こそ、その実力を発揮する時がやって来ましたっ!!

シャトー クレール ミロン 1985 キャップシール違いあり 赤ワイン tp S 定番,お得 —— 16,300円

フランス/ボルドー

シャトー クレール ミロン 2015 赤ワイン tp S J 安い,品質保証

極上の出来映え! ボルドーの第1級格付けワインとして知られる、シャトー・ムートン・ロートシルトの 兄弟シャトー として知られる、シャトー・クレール・ミロン。 ラベルの可愛らしさもあって、 贈り物にも人気 ですが、勿論、ムートンの兄弟シャトーですから、 品質もお墨付き! 【ロバート・パーカー氏の評価】 『ムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルトの間という よい立地に恵まれている 。1985年以降のワインは相当よくなってきており、 1985年以降は一貫して秀逸なものとなっている 。 ポイヤックで、 もっともフルーティーで食欲をそそるワインの1つ で、一般的に外向的で、かなり早めに飲む必要がある。 近年見せている品質レベルから判断すると、特に最良のヴィンテージのものなら三級とまではいかなくとも四級に格上げされてもよいだろう。 必買品 。』 (ロバート・パーカー氏著『ボルドー第4版』より抜粋) 畑は、ムートンとラフィットに 隣接 するというのですから、気にならないはずがありません♪ そんなクレール・ミロンの2015年が、入荷しましたので、早速ご案内致します! 2015年 は、 かなり出来映えが良い ので、今すぐ飲んでも美味しいし、10年くらい熟成させても絶対に美味しいです♪ どうせ買うなら、リリース直後の今が、 一番の買い時 だと思います! ■『ワインアドヴォケイト/Interim Issue Mid-February 2018, The Wine Advocate』より抜粋■ A blend of 51% Cabernet Sauvignon, 34% Merlot, 13% Cabernet Franc, 1% Petit Verdot and 1% Carmenere, the medium garnet-purple colored 2015 Clerc Milon opens with expressive crushed blackberries, red and black plums and cigar boxes notions with suggestions of dried herbs, earth and violets plus a waft of dark chocolate. Medium-bodied, fine, fresh and elegant, it has a lovely core of very pure red and black fruits, supported by finely textured tannins and finishing on a lingering perfumed note. This is a very pretty, superbly poised Pauillac! ◆93+点 ◆飲み頃予想:2020 - 2040年 INFORMATIONNameChateau Clerc Milonブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー/カベルネ・フラン/プティ・ヴェルド/カルメネール生産者名シャトー・クレール・ミロン産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA(91 - 93)/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4582203119162 ムートンと、ラフィットの 畑に隣接する 超お値打ちポイヤック! 可愛いラベルが印象的な、クレール・ミロン。 ご存知の方も多いと思いますが、ボルドー第5級のこのシャトーは、あの、ボルドー格付け第1級、シャトー・ムートン・ロートシルト、そして、第5級のダルマイヤックと同じ、フィリピーヌ・ロートシルト氏の所有です。 【各専門誌の評価】 クレール・ミロンは、フィリピーヌ・ロートシルトのもうひとつのブドウ園である。 シャトーは無いが、畑は ムートン・ロートシルト と、 ラフィット・ロートシルト に隣接する 絶好の位置 にあり、また、静かなポイヤックの町を見下ろす巨大な石油プラントにも隣り合わせている。 1985年まで、ここのワインは軽くて特徴に欠ける物であったが、最近のヴィンテージは、みずみずしい果実味と、タップリした新樽の香りを備え、深みが増し、味わいに広がりが出てきた。彼女の所有する他のワインに比べて、クレール・ミロンは最も外向的で、若い内から飲みやすい。 最近のヴィンテージからすると、このワインは 過小評価されている 。 (ロバート・パーカー氏著『ボルドー第3版』よリ抜粋) そう、何故だか、その実力よりも評価をしてもらう事の少なかったクレール・ミロンですが、今こそ、その実力を発揮する時がやって来ましたっ!!

シャトー クレール ミロン 2015 赤ワイン tp S J 安い,品質保証 —— 9,000円

フランス/ボルドー

シャトー クレールミロン 2002 赤ワイン S 新作,定番

INFORMATIONNameChateau Clerc Milonブドウ品種生産者名シャトー クレールミロン産地フランス/ボルドー/ポイヤックRegionFrance/Bordeaux/Pauillac内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムートンと、ラフィットの 畑に隣接する 超お値打ちポイヤック! 可愛いラベルが印象的な、クレール・ミロン。 ご存知の方も多いと思いますが、ボルドー第5級のこのシャトーは、あの、ボルドー格付け第1級、シャトー・ムートン・ロートシルト、そして、第5級のダルマイヤックと同じ、フィリピーヌ・ロートシルト氏の所有です。 【各専門誌の評価】 クレール・ミロンは、フィリピーヌ・ロートシルトのもうひとつのブドウ園である。 シャトーは無いが、畑は ムートン・ロートシルト と、 ラフィット・ロートシルト に隣接する 絶好の位置 にあり、また、静かなポイヤックの町を見下ろす巨大な石油プラントにも隣り合わせている。 1985年まで、ここのワインは軽くて特徴に欠ける物であったが、最近のヴィンテージは、みずみずしい果実味と、タップリした新樽の香りを備え、深みが増し、味わいに広がりが出てきた。彼女の所有する他のワインに比べて、クレール・ミロンは最も外向的で、若い内から飲みやすい。 最近のヴィンテージからすると、このワインは 過小評価されている 。 (ロバート・パーカー氏著『ボルドー第3版』よリ抜粋) そう、何故だか、その実力よりも評価をしてもらう事の少なかったクレール・ミロンですが、今こそ、その実力を発揮する時がやって来ましたっ!!

シャトー クレールミロン 2002 赤ワイン S 新作,定番 —— 9,700円

フランス/ボルドー

シャトー グロリア 2014 赤ワイン S 限定セール,人気

『4級に匹敵する実力!』 格付けシャトーがひしめく、フランス・ボルドー地方 サン・ジュリアン村 。 その中で… 『4級に匹敵する実力!』 と言われつつも、 格付けがないため、良心的価格 として知られているのが、このシャトー・グロリアです。 なんとその畑は、『レオヴィル・ラスカーズ』『デュクリュ・ボーカイユ』『レオヴィル・バルトン』などから購入しているという 、限りなく格付けシャトーに近い存在です! ボルドー愛好家 は、是非、お試し下さい♪ INFORMATIONNameChateau Gloriaブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ/カベルネ・フラン/プティ・ヴェルド生産者名シャトー・グロリア産地フランス/ボルドー/サンジュリアンRegionFrance/Bordeaux/Saint Julien内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

シャトー グロリア 2014 赤ワイン S 限定セール,人気 —— 4,400円

フランス/ボルドー

シャトー コス デストゥルネル 1993 赤ワイン tp S 全国無料,送料無料

『掘り出し物』! 『掘り出し物』 を見つけました! な〜んと! あの『スーパー・セカンド』と呼ばれ… 『限りなく第1級格付けに近い』 と言われるボルドー 『第2級格付け』 のシャトー・コスデス・トゥルネルが造る1993年物! シャトー・コスデス・トゥルネルといえば、ボルドー・ワイン好きから、 絶大な信頼 を得ているだけではなく、熟成によって、新たな味わいが開花する事で知られる逸品です。 この1993年物は、 ロバート・パーカー氏 からも… 【ロバート・パーカー氏の評価】 ・『メドックの93年物で、 最も成功したひとつ 』 ・『コス・デストゥルネルは、しばしば、 1級格付けに匹敵するワイン を生み出す。』 と評価されているだけあって、 絶対に買っておいた方が良い逸品 。 数に限り がありますので、是非、お見逃しなくー! 【ロバート・パーカー氏の評価】 A word of admiration and praise is in order for Bruno Prats. One of St.-Estephe's most forward thinking producers 、 Prats is never content with merely making outstanding wine . Over the last few years he has improved Cos d'Estournel、 already one of the great wines of Bordeaux、 by eliminating any filtration at bottling、 and replacing the standard paper label with one made of plastic so it will not disintegrate in damp、 humid cellars. Additionally、 the quality of his wines in such difficult vintages as 1992 and 1993 has been remarkable. Readers should also note that a second wine、 the beautifully packaged Les Pagodes de Cos、 has been implemented with the 1994 vintage. It appears to be a fine second wine. One of the most successful Medocs of the vintage、 Cos d'Estournel's 1993 exhibits an opaque dark purple color、 and a heady、 sweet、 pure、 blackcurrant bouquet that roars from the glass. With surprising richness、 fat、 and glycerin、 tasters would never suspect that this medium-bodied、 elegant yet authoritatively-flavored wine emerged from such a difficult vintage. The wine's low acidity and roundness guarantees 12-14 years of drinkability. This is a splendid success in an irregular vintage. Cos d'Estournel is clearly producing wines that are often of first-growth potential. ◆ロバート・パーカー氏評:89点 ◆飲み頃予想:1997〜2011年 (『ワイン・アドボケイト109号』より抜粋) INFORMATIONNameChateau Cos D'Estournelブドウ品種生産者名シャトー・コス・デストゥルネル産地フランス/ボルドー/サンテステフRegionFrance/Bordeaux/Saint Estephe内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『限りなく第1級格付けに近い』 と評される、スーパーセカンド! 最高レベルのボルドーです!! ボルドーの第2級格付けではありますが、 『スーパー・セカンド』 と呼ばれ、 『限りなく第1級格付けに近い』 と評されるのが、この造り手。 ロバート・パーカー氏曰く… ブリュノ・プラッツの心のこもった指導のもとで、コス・デストゥルネルは、サン=テステフのなかでは 最高の評価 を得るまでになった。 1982年以降、ここのワインは次から次へと当たりが続いており、ほとんどのヴィンテージで、メドックで最上のワインを生産するのではないかと期待できる。 このシャトーは東洋風のパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北、その著名な 隣人『シャトー・ラフィット=ロートシルト』 を見下ろす丘の背にある。 メドックものにしては珍しく、コスはブレンドに使うメルロの比率が高い(40%)ことと新樽を使う比率が高い(60%から100%)ことで他と一線を画している。 このメルロの比率はオー=メドックでは最も高い部類に入り、コス・デストゥルネルの最近のヴィンテージに目立つ、肉付きのよい、豊かな舌触りという個性を生み出している。 1950年代、1960年代とモンローズの後塵を拝してきたコス・デストゥルネルは、1980年代に入って ボルドーで最も人気の高い ワインのひとつとなったのである。 コス・デストゥルネルは、たとえば1993年、1992年、1991年といった難のあるヴィンテージで特に成功してきたことにも注目しておきたい。 (講談社 『ボルドー 第3版』より抜粋) ※ボルドー好きを自認するなら、一度は飲んでおきたい逸品です。

シャトー コス デストゥルネル 1993 赤ワイン tp S 全国無料,送料無料 —— 19,500円

フランス/ボルドー

シャトー コス デストゥルネル 1997 赤ワイン tp S 数量限定,品質保証

INFORMATIONNameChateau Cos d'Estrounelブドウ品種カベルネ ソーヴィニヨン55%/メルロー45%生産者名シャトー・コス デストゥルネル産地フランス/ボルドー/サン・テステフRegionFrance/Bordeaux/Saint-Estephe内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『限りなく第1級格付けに近い』 と評される、スーパーセカンド! 最高レベルのボルドーです!! ボルドーの第2級格付けではありますが、 『スーパー・セカンド』 と呼ばれ、 『限りなく第1級格付けに近い』 と評されるのが、この造り手。 ロバート・パーカー氏曰く… ブリュノ・プラッツの心のこもった指導のもとで、コス・デストゥルネルは、サン=テステフのなかでは 最高の評価 を得るまでになった。 1982年以降、ここのワインは次から次へと当たりが続いており、ほとんどのヴィンテージで、メドックで最上のワインを生産するのではないかと期待できる。 このシャトーは東洋風のパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北、その著名な 隣人『シャトー・ラフィット=ロートシルト』 を見下ろす丘の背にある。 メドックものにしては珍しく、コスはブレンドに使うメルロの比率が高い(40%)ことと新樽を使う比率が高い(60%から100%)ことで他と一線を画している。 このメルロの比率はオー=メドックでは最も高い部類に入り、コス・デストゥルネルの最近のヴィンテージに目立つ、肉付きのよい、豊かな舌触りという個性を生み出している。 1950年代、1960年代とモンローズの後塵を拝してきたコス・デストゥルネルは、1980年代に入って ボルドーで最も人気の高い ワインのひとつとなったのである。 コス・デストゥルネルは、たとえば1993年、1992年、1991年といった難のあるヴィンテージで特に成功してきたことにも注目しておきたい。 (講談社 『ボルドー 第3版』より抜粋) ※ボルドー好きを自認するなら、一度は飲んでおきたい逸品です。

シャトー コス デストゥルネル 1997 赤ワイン tp S 数量限定,品質保証 —— 17,200円

フランス/ボルドー

シャトー コス デストゥルネル 2012 赤ワイン tp J S 定番,HOT

■『ワイン・アドヴォケイト218号』より抜粋■ The 2012 Cos d’Estournel is a classic expression of St.-Estèphe, with notes of graphite, crushed rock, blackberry, blackcurrant fruit, a medium to full-bodied mouthfeel, structured, but well-integrated tannins and a long finish of 35 seconds or more. This is a beauty and an undeniable top success in the Médoc for 2012. Give it 4-6 years of cellaring and drink it over the following two decades or more. The final blend, which achieved 13.8% alcohol, is 75% Cabernet Sauvignon, 22% Merlot and the balance Cabernet Franc and Petit Verdot. ◆93点 ◆飲み頃予想:2019〜2041年 INFORMATIONNameChateau Cos D'Estournelブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン75%/メルロー22%/カベルネ・フラン2%/プティ・ヴェルド1%生産者名シャトー・コス・デストゥルネル産地フランス/ボルドー/サンテステフRegionFrance/Bordeaux/Saint Estephe内容量750mlWA93+/Issue 30th Apr 2015WS92/Issue Mar 31, 2015※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 0499999004364 『限りなく第1級格付けに近い』 と評される、スーパーセカンド! 最高レベルのボルドーです!! ボルドーの第2級格付けではありますが、 『スーパー・セカンド』 と呼ばれ、 『限りなく第1級格付けに近い』 と評されるのが、この造り手。 ロバート・パーカー氏曰く… ブリュノ・プラッツの心のこもった指導のもとで、コス・デストゥルネルは、サン=テステフのなかでは 最高の評価 を得るまでになった。 1982年以降、ここのワインは次から次へと当たりが続いており、ほとんどのヴィンテージで、メドックで最上のワインを生産するのではないかと期待できる。 このシャトーは東洋風のパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北、その著名な 隣人『シャトー・ラフィット=ロートシルト』 を見下ろす丘の背にある。 メドックものにしては珍しく、コスはブレンドに使うメルロの比率が高い(40%)ことと新樽を使う比率が高い(60%から100%)ことで他と一線を画している。 このメルロの比率はオー=メドックでは最も高い部類に入り、コス・デストゥルネルの最近のヴィンテージに目立つ、肉付きのよい、豊かな舌触りという個性を生み出している。 1950年代、1960年代とモンローズの後塵を拝してきたコス・デストゥルネルは、1980年代に入って ボルドーで最も人気の高い ワインのひとつとなったのである。 コス・デストゥルネルは、たとえば1993年、1992年、1991年といった難のあるヴィンテージで特に成功してきたことにも注目しておきたい。 (講談社 『ボルドー 第3版』より抜粋) ※ボルドー好きを自認するなら、一度は飲んでおきたい逸品です。

シャトー コス デストゥルネル 2012 赤ワイン tp J S 定番,HOT —— 16,800円

フランス/ボルドー

シャトー コス デストゥルネル 2014 赤ワイン S tp 超激得,最新作

『2級だけど、1級並の品質!』 シャトー・コス・デストゥルネルは、ボルドーの第2級格付けなのですが、ワイン好きの誰もが… 『2級だけど、1級並の品質!』 という評価をしています(^_^)v 以前、ロバート・パーカー氏からも、 『ボルドー1級格付けに匹敵する注目株シャトー20社』 として、このコス・デストゥルネが選ばれています! なのに、いまだに ギリギリ1万円台で買える のは、ボルドー好きには、とても有難い♪ 最高品質のボルドー を飲みたい方は、是非、コレを選んで下さい! その素晴らしい品質に、惚れ惚れすると思います♪ ■『eRobert Parker.com』より抜粋■ The 2014 Cos d'Estournel is destined to turn into a very lovely Saint Estèphe . This bottle was actually tasted over a period of a few hours. The word 'cool' is one that reappeared in my vernacular now that the wine is in bottle. The estate is known for producing a more luxuriant and extravagant bouquet compared to its Saint Estèphe peers, yet this vintage is streamlined (to re-appropriate my original descriptor). It's unashamedly focused and delineated. It delivers intense blackberry and bilberry scents, again with a touch of iris. The palate is beautifully balanced with not a single hair out of place. The acidity is well judged and I noticed that after two or three hours, there was a faint vein of graphite that lends it a Pauillac-like personality, no surprise given that it lies just across the border. It will require several years in bottle for the tannins to mellow, but the result will be a very attractive , quite correct , fresh and precise Cos d'Estournel that will bestow two or three decades of drinking enjoyment. Tasted February 2017 ◆パーカーポイント:94点 ◆飲み頃:2022〜2045年 INFORMATIONNameChateau Cos D'Estournelブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン65%/メルロー33%/カベルネ・フラン2%生産者名シャトー・コス・デストゥルネル産地フランス/ボルドー/サンテステフRegionFrance/Bordeaux/Saint Estephe内容量750mlWA94/Issue 1st Apr 2017WS94/Issue Mar 31, 2017※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『限りなく第1級格付けに近い』 と評される、スーパーセカンド! 最高レベルのボルドーです!! ボルドーの第2級格付けではありますが、 『スーパー・セカンド』 と呼ばれ、 『限りなく第1級格付けに近い』 と評されるのが、この造り手。 ロバート・パーカー氏曰く… ブリュノ・プラッツの心のこもった指導のもとで、コス・デストゥルネルは、サン=テステフのなかでは 最高の評価 を得るまでになった。 1982年以降、ここのワインは次から次へと当たりが続いており、ほとんどのヴィンテージで、メドックで最上のワインを生産するのではないかと期待できる。 このシャトーは東洋風のパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北、その著名な 隣人『シャトー・ラフィット=ロートシルト』 を見下ろす丘の背にある。 メドックものにしては珍しく、コスはブレンドに使うメルロの比率が高い(40%)ことと新樽を使う比率が高い(60%から100%)ことで他と一線を画している。 このメルロの比率はオー=メドックでは最も高い部類に入り、コス・デストゥルネルの最近のヴィンテージに目立つ、肉付きのよい、豊かな舌触りという個性を生み出している。 1950年代、1960年代とモンローズの後塵を拝してきたコス・デストゥルネルは、1980年代に入って ボルドーで最も人気の高い ワインのひとつとなったのである。 コス・デストゥルネルは、たとえば1993年、1992年、1991年といった難のあるヴィンテージで特に成功してきたことにも注目しておきたい。 (講談社 『ボルドー 第3版』より抜粋) ※ボルドー好きを自認するなら、一度は飲んでおきたい逸品です。

シャトー コス デストゥルネル 2014 赤ワイン S tp 超激得,最新作 —— 16,800円

フランス/ボルドー

シャトー シトラン 1995 赤ワイン S 送料無料,爆買い

INFORMATIONNameChateau Citranブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー/カベルネ・フラン/プティ・ヴェルド生産者名シャトー シトラン産地フランス/ボルドー/オー・メドックRegionFrance/Bordeaux/Haut Medoc内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating コスト・パフォーマンスの高さは… 秀逸です! 目覚ましい成長具合を実感下さい!! ワイン通の間では… 『手頃な価格で楽しめるボルドー・ワイン』 として有名なワインが、コレ! フランス、ボルドー地方のワインながら、実は、日本ととっても関係のあるワインなのです♪ 実は! このワインが、今ほどの評価を受けるようになった理由には、 日本企業の努力 があったのです!! どんな事が起こったのかというと… ロバート・パーカー氏曰く… 日本企業による買収 から10年(1987年〜1997年)で、このシャトーのワインの 品質は急上昇 した。 この成功にも関わらず、シトランは精力的なジャック・メルローが経営するソシエテ・ベルナール・タイヤンに売却されてしまった。 セラーの修復、新しい所有者の肩入れ、新樽比率の引き上げ、選別をより厳しくしたこと(その結果として セカンド・ワインを導入 した事)、そして総合的な優れた運営によって、最近数年間にわたってすばらしいワインを生み出すようになった。 批判すべき事があるとすれば、新樽の使用率を上げたために、ワインに唐突で、いぶしたような、ほとんど焦げたような特徴を与えたことだろうか。 繊細さと微妙さを持つクラレットを好んでいた人たちは、この派手な力強さには、気をそがれてしまう恐れがある。 それでも、新ヴィンテージは10年まではうまく熟成するだろうし、シトランが以前に生産した、どのワインにもまして著しく興味深く、心地よいワインである。 伝統的で暗い感じのシャトー・シトランの瓶から、新しいデザイナーによる人目を引くラベルのついたラベルに替わった事で、値段がじりじり上がったことも指摘しておこう。 ここは ブルジョワ級のシャトーでも最上級の1つ で、ワインはしばしば格付けシャトーをしのぐ。 2000年、1996年、1990年、1989年といったヴィンテージは最高級である。 【ブドウ品種】カベルネ・ソービニオン58%、メルロー42% (ボルドー第4版 ロバート・パーカー/美術出版社より抜粋) そんな訳で… 『手頃で美味しいボルドー・ワインを探してます!』 というお客様には、真っ先にご案内したいです♪ 先ずは、1本お試し下さーい!

シャトー シトラン 1995 赤ワイン S 送料無料,爆買い —— 5,400円

フランス/ボルドー

シャトー シトラン 2005 赤ワイン S 定番,定番人気

■ワイン名(原語)/Ch. CITRAN 2005 ■色/赤ワイン ■味わい/ミディアムボディ ■ブドウ品種/ ■生産者名/シャトー・シトラン ■産地/フランス/ボルドー ■原産地呼称/AOCオー・メドック ■生産年/2005 ■内容量/750ml コスト・パフォーマンスの高さは… 秀逸です! 目覚ましい成長具合を実感下さい!! ワイン通の間では… 『手頃な価格で楽しめるボルドー・ワイン』 として有名なワインが、コレ! フランス、ボルドー地方のワインながら、実は、日本ととっても関係のあるワインなのです♪ 実は! このワインが、今ほどの評価を受けるようになった理由には、 日本企業の努力 があったのです!! どんな事が起こったのかというと… ロバート・パーカー氏曰く… 日本企業による買収 から10年(1987年〜1997年)で、このシャトーのワインの 品質は急上昇 した。 この成功にも関わらず、シトランは精力的なジャック・メルローが経営するソシエテ・ベルナール・タイヤンに売却されてしまった。 セラーの修復、新しい所有者の肩入れ、新樽比率の引き上げ、選別をより厳しくしたこと(その結果として セカンド・ワインを導入 した事)、そして総合的な優れた運営によって、最近数年間にわたってすばらしいワインを生み出すようになった。 批判すべき事があるとすれば、新樽の使用率を上げたために、ワインに唐突で、いぶしたような、ほとんど焦げたような特徴を与えたことだろうか。 繊細さと微妙さを持つクラレットを好んでいた人たちは、この派手な力強さには、気をそがれてしまう恐れがある。 それでも、新ヴィンテージは10年まではうまく熟成するだろうし、シトランが以前に生産した、どのワインにもまして著しく興味深く、心地よいワインである。 伝統的で暗い感じのシャトー・シトランの瓶から、新しいデザイナーによる人目を引くラベルのついたラベルに替わった事で、値段がじりじり上がったことも指摘しておこう。 ここは ブルジョワ級のシャトーでも最上級の1つ で、ワインはしばしば格付けシャトーをしのぐ。 2000年、1996年、1990年、1989年といったヴィンテージは最高級である。 【ブドウ品種】カベルネ・ソービニオン58%、メルロー42% (ボルドー第4版 ロバート・パーカー/美術出版社より抜粋) そんな訳で… 『手頃で美味しいボルドー・ワインを探してます!』 というお客様には、真っ先にご案内したいです♪ 先ずは、1本お試し下さーい!

シャトー シトラン 2005 赤ワイン S 定番,定番人気 —— 3,900円

フランス/ボルドー

シャトー ジスクール 2000 赤ワイン tp S SALE,新品

INFORMATIONNameChateau Giscourブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン60%/メルロー32%/カベルネ・フラン5%/プティ・ヴェルド3%(作付け面積)生産者名シャトー・ジスクール産地フランス/ボルドー/マルゴーRegionFrance/Bordeaux/Margaux内容量750mlWA90/Issue 29th Jul 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『神の雫』に登場! 潜在的には、最上の造り手から 史上最上の3部作が登場! あの 『神の雫』に登場 し、『お買い得ワイン』として、取り上げられた、レ・オーメドック・ド・ジスクール2000年。 その2001年物が入荷です! ご存知でしたか? マルゴー村 の第3級格付けシャトーのシャトー・ジスクール、実は今、見逃せない注目のシャトーなんです! 『潜在的には、最上の造り手』 潜在的には、最上の造り手 である(1875年と1978年がその例である)ジスクールだが、過去20〜30年間の出来には、ばらつきがあった。 しかし近年、エリック・アルバダ・イェルヘルスが監督するようになってから、状況は良くなってきている。 2001年、2000年、1999年は、ジスクールの 史上最上の三部作である。 こうした改良はあるものの、ジスクールの現在の出来栄えは4級レベルであり、価格の政策は現実的である。 (『ボルドー第四版』より抜粋) と、そのひと言で、ワインの市場価格を大きく左右する影響力を持つ、 ロバート・パーカー氏が、このシャトーの明らかなる復活と、その変化に注目! しかも、続く2002年、2003年は、… 【2002年の評価】 ボルドー愛好家でも気付いていないことかもしれないが、ジスクールはふたたび軌道に乗って 南メドックで最良のワイン のいくつかを生産している。 2002年の 偉業といえる成功作 だ。 【2003年】 これはジスクールの偉大な成功作だ。 と、毎年の出来を 惜しみない賞賛 で讃え、その凄さを確信しているのです! そして、 『神の雫』でも 、このレ・オーメドック・ド・ジスクールを取り上げ、そのお値打ち度を紹介、ストーリーの大事な一幕を飾っているのです。 どうやら、これ以上、見過ごしておくと、ジスクールの復活が、今以上に広く知られ、人気と共に、当然価格も急激に上がってしまうかも… と、なれば、今買っておくのが得策!?

シャトー ジスクール 2000 赤ワイン tp S SALE,新品 —— 15,700円